子供が生まれるまでにいくら貯金した!?出産を経験した主婦が回答した金額は?

子育て
スポンサードリンク

子供が生まれて新しい家族が増えることは、
とても喜ばしいことです。

 

しかし、それと同時に出産・育児と出費も増えていきます。

 

子供が生まれるまで一般の家庭では、
どれくらい貯金をしているのか、気になりますよね。

 

出産を経験した主婦の方々は、
どれくらいの貯金をしていたのでしょうか。

 

最も多い回答では、100万~200万円です

次に多いのが、200万~300万円です。

 

ほかにも、50万~100万円、500万円以上が、
比較的多くなっています。

 

貯金額も人によってさまざまですね。

 

出産後どれくらいお金がかかってくるのか大事ですが、
妊娠してから出産までの費用も考えなければなりません。

 

子供が生まれるまでの通院や出産費用、
ベビー用品の用意などを考えると子供が生まれる前にも、
お金がかかりますよね。

 

何があるのか分かりませんし、子供が生まれるまで、
貯金はできるだけしておいた方が安心といえます。

子供の学費にいくらかかる?6歳までにできる貯金方法とは

スポンサードリンク

子供の成長と共に学費など出費も増えていきます。

 

子供にかかる学費はどうやって貯金すればいいのか、
どんな貯金方法があるのか気になりますよね!

 

そこで6歳までにできる貯金方法をお伝えしたいと思います。

 

まず、子どもの学費についてですが、
進路状況によって大きく異なります。

 

また、公立と私立によってかかる費用も違ってきます。

 

小学校~大学まで全て公立だった場合にかかる費用は、
約750万円と言われています。

 

小学校~大学まで全て私立だった場合にかかる費用は、
約2,100万円と言われています。

 

これらの学費を支払うためには、貯金が必要になってきますよね。

 

貯金を始める前に、まず子供用の通帳を用意した方がいいです。

子供用の貯金として毎月一定の金額を積み立てていく、
という方法が最も簡単に取り組めます

 

1歳から15歳まで、毎月1万円を貯金すると、
180万円溜まりますよね。

2万円貯金すると360万円にもなります。

 

最初は少ない金額でも、毎月コツコツ貯めていくと、
気付けば貯金が増えていますよ!

 

そして、児童手当などの補助金が出ているならば、
なるべく貯金することをおすすめします。

 

ほかに学資保険などもありますので、
各ご家庭に合った方法で貯金していきましょう。

ただ貯めるだけではもったいない!子供用貯金の運用方法とは

子供用貯金ですが、普通に毎月貯金する方法のほかに、
運用して貯蓄額を増やすという方法もあります。

 

続いては、子供貯金の運用方法をご紹介していきますね。

 

注目されているのが、「投資信託」です

投資信託は、保護者が子供の代わりに管理する形になります。

 

「ジュニアNISA」という投資信託は、年80万円までの投資額で、
最長5年間の非課税期間があります

子供が18歳になるまで払い戻しはできません。

 

毎月の貯金を投資信託に積み立ていくと、
運用益(利益)が出て、普通に貯金するより増える可能性もあります。

 

各証券会社によって投資信託はさまざまあります。

どんな運用方法がいいのか、よく選んで活用してみてください。

 

ほかには、メジャーなもので「学資保険」があります。

学資保険は、子供の進学のタイミングで祝い金を受け取ることができます

 

メリットとしては、契約者である保護者が亡くなった場合も、
子供が保険金を満額で受け取ることができることです。

 

また保険金を受け取る際に、
支払った金額よりも10%ほど多めに受け取ることができる場合もあります。

 

資産運用や保険などは、メリットやデメリットがあります。

それぞれをよく踏まえ、最も良い方法で子供用貯金をしていくことが大切といえます。

将来のために!子供名義の貯金と贈与税の関係とは

ほとんどの方は、子供の将来のために貯金をしていることと思います。

 

コツコツ貯めている子供名義の貯金だけど、
贈与税はどうなるの?と、気になる方もいらっしゃいますよね。

 

そこで贈与税についてお伝えしていきたいと思います。

 

子供名義の口座のお金を、
子供が未成年のうちに教育費として使うことは問題ありません

親のお金ということになりますので、
贈与税はかからないということです。

 

教育費用ではないお金(結婚や子育てなど)を、
年間110万円以上子供に渡す場合は、贈与税がかかります

 

最近は期限付きで、1,000万円まで非課税になっています。
(結婚資金は300万円までです。)

こちらは専用の手続きが必要となりますので、
注意してくださいね。

 

贈与税にも注意しながら、子供の将来のために、
少しずつ貯金をしていきたいものですね。

まとめ

子供が生まれてから成長するまで、年々出費はかかっていきます。

貯金はいくらあっても足りないと思ってしまいますよね。

 

子供が生まれたら毎月コツコツと貯金することをおすすめします。

気付けば通帳の金額が増えていますよ。

 

今では貯蓄の仕方もさまざまですので、
学資保険や資産運用などを利用し、
お金を増やすということも一つの方法です

 

そして貯金する際には、
贈与税についてもしっかりと確認しておいてくださいね。

 

さまざまな工夫をしながら、子供の将来に備えていきましょう。

 

こうして子供の将来の夢のために、
親として最大限の応援をしてあげたいですね。

タイトルとURLをコピーしました