結婚式の費用として気になる貯金額!お互いの貯金額は把握すべき?

冠婚葬祭
スポンサードリンク

人生の一大イベントの一つである結婚式。憧れますよね!!

 

でも、やっぱり現実的に考えたらお金が心配。。。

 

実際、婚約から新婚旅行まで一連のイベントにかかる費用は
全国平均で約450万円

その中で結婚式にかかる費用は約300万円

 

一大イベントとあってけっこうかかりますね。

 

こうなると自分の貯金だけじゃなくて、相手の貯金額も気になるところ。

 

でもそこまで聞いちゃってもいいのか不安ですよね。

 

結論から言いますと、お互いの貯金額をすべて把握する必要はありません

 

自分で貯めたお金は自分のもの。

きっとひそかに貯めておきたい人もいるはず。

 

今回はそんな結婚資金に大切な貯蓄額について、お話ししていきます。

結婚準備が進まないのは彼が原因?乗り気かどうかわかるポイントとは?

スポンサードリンク

そろそろ結婚を視野に入れたいのになかなか話が進まない…。

 

ストレートに結婚の話をすることを戸惑う人もいるかもしれませんが、
しっかりと将来を考えたいのであればきちんと話し合うことは大切。

 

思い切って聞きましょう。

 

そこで注目したいのが彼の反応

 

乗り気かそうではないか、本人は態度に出してるつもりはなくても、
実際でてしまうものなんです。

 

ポイントは1つ。
結婚の話題であなたの目を見てしっかり回答してくれるかどうか

 

例えば、

・回答がしどろもどろ
・返事を後回しにする
・逆ギレされる
・目を見て話してくれない
・話題を変えてくる
・行動が急にぎこちなくなる

などの反応が見られる場合はそこまでまだ結婚に対して乗り気ではないのかも…。

 

相手の本心って必ず行動や反応のどこかに現れます。

 

もしあまり乗り気ではないのかな、という反応をしてきたら、
その理由を聞いてみたり、
自分の思ってることを話したりしてみるといいかもしれないですね。

 

彼の理解や考えも変わってくるかも。

結婚したいけれど貯金がなしの場合に検討してくべきこととは?

いくら結婚を考えても現実貯金がなければなにも進みません。

 

じゃあ、貯金がないから結婚できない??

 

答えはノーです。

 

実際、結婚する際に十分な貯金がある人は全体の3割ほどなのに、
約半数の人は貯金だけでまかなえてるんです。

 

これは一体…?

 

実は結婚資金はさまざまな方法で集めることが可能です。

その方法を4つ紹介します。

①親からの支援

実はこれが一番多いパターン。

もちろん家庭事情によって変わってきますが、
若いカップルほど親の援助を受けて式を挙げられる場合が多いです。

まず親と相談することが大切ですね!!

②ご祝儀でまかなう

これもなかなか多い資金源になります。

実際祝儀としてもらう金額は全国平均で約190万円

規模や招待する人数から検討してみましょう!!

③ローン決済を利用

これは利息がついて結果的に支払い金額が多くなってしまいますが、
資金集めが間に合わない場合はこの方法もひとつの手ですね。

④毎月定額貯金をする

これは自分の収入から強制的に貯蓄にまわす方法です。

うっかり使ってしまう人も給与から天引きなどにして
少しずつ貯金できる方法です。

 

まとめると、
①親から援助をもらう
②ご祝儀
③ローンを利用
④コツコツ定額貯金

となります。

 

④は少しずつ貯金しなければならないので、
まだ結婚を少し先にしようとしている人や、
なんとしても自分で貯金したい人には、
良い方法かもしれません。

 

このような感じで貯金がない場合も結婚資金を調達して式を挙げることは可能です!

 

ただ、冒頭に挙げたとおり、
婚約から旅行まで約450万が必要と言われています。

 

そこからご祝儀で190万円を引いて、

 

自分たちの負担は約260万円。

単純に一人当たり負担約130万円。

 

実際は男性の方が多く負担する場合が多いですね。
(婚約指輪とか)

 

ただこうして見ると、
理想としては貯蓄が200万円ほどほしいところです

 

もちろんこの費用はあくまで平均なので、
余裕があれば300万円貯めて、とりあえず安心かなという感じです。

 

ご家庭によって状況は全く変わってくるので、一概には言えませんが、
今は貯金がゼロでも結婚式を行える可能性は十分にありますし、
今から頑張って貯金しても遅くはないです。

 

ひとつの目安ということで、参考にしてみてください。

意外と大事?結婚前に貯金額は教えるべきなのか?

さて、デリケートなことだけど気になるお互いの貯蓄額。

 

結論は冒頭でも述べましたが、
お互いの貯金額をすべて把握する必要はありません。

 

大切なのは、お互いどんな結婚式にして、どれくらいの費用が必要なのか

2人でお互いどれくらいの割合を負担するのか

の共通認識を持つことです。

 

そして自分が負担できる額、それを貯めるまでの期間を話し合います。

 

中には嘘をついて貯蓄額がバレたときに、
信頼関係がなくなるのが怖いから全部言う方が良い。

という方もいらっしゃると思います。

 

その場合はお互いのそのときの関係や性格を考慮して、
情報共有してみましょう。

 

ただ知っておいてほしいのが、
貯金を十分にできている人は少数派ということ。

 

先ほども述べましたように、
結婚時に十分な貯金が出来ている人は約30%。

そして現在、独身で貯金がゼロの人の割合は、
20代で約60%
30代で約50%
と言われています。

 

意外に多い…!

というか上と下の差が激しい…。

 

貯金がゼロでも珍しくないんですね。

 

なので大切になってくるのはお互いの共通認識を持つこと。

 

お互いどのようにプランを立てて
どのくらいの負担で進めていくか、話し合うことが大切です。

 

おそらく話しているうちに
相手が貯金にどのくらい余裕があるかも、だいたいはわかってくるかと思います。

 

お互いが納得できるプランを立てられるのが理想ですよね。

まとめ

貯蓄額を把握すべきかどうか、正直とても悩むところです。

 

私の場合、おそらく公開部分とへそくり部分で分けると思います。

 

そうすればいざどうしてもお金が必要になったときや、自己投資に使えるので。

 

これは聞いた話なのですが、
男性の場合自分の資産をパートナーに伝える場合が多く、
女性の場合隠れた貯金がある場合が多いらしいですよ。

 

筆者も女性ですが、見えないところでひっそり貯金してるの、
なんとなく分かるなあ~と。

たとえ家族になるとしても、なんでも知らなければいけないわけではないので、
どの程度、相手に自分のことを共有するかは
自分の裁量で判断するのが良いと思います。

 

みなさんが順調で幸せな結婚イベントを迎えられますように。

タイトルとURLをコピーしました