新生児が指しゃぶりをするのは空腹の合図?始まりはいつから?

子育て
スポンサードリンク

新生児が指しゃぶりをするのには、
眠い時、お腹が空いているときなど、いくつかの心理があります。

 

そもそも、赤ちゃんの指しゃぶりは、
だいたい生後2~4ヶ月頃から指しゃぶりが始まりますが、
どんな時にどんな心理で指しゃぶりをしているのでしょうか?

 

ひょっとして赤ちゃんがストレスを感じているのかと、
不安になるお母さんもいると思います。

 

しかし、この指しゃぶりは成長の証であり、成長の表れでもあります

したがって、決して指しゃぶりは赤ちゃんの時期だけではなく、
卒乳のタイミングで指しゃぶりを始める赤ちゃんもいます。

 

よって、無理矢理指しゃぶりをやませる必要はありません

無理矢理やめさせるのではなく、
自ら指しゃぶりをやめさせることを考えてあげてください。

 

ここでは、指しゃぶりに悩んでいるお母さんのために、
指しゃぶりをしている赤ちゃんの心理、指しゃぶりのやめさせ方についてご紹介します。

新生児が指しゃぶりをする原因とは?知って防止できる!

スポンサードリンク

赤ちゃんが指しゃぶりを始めるのは、自分の意思で少しづつ指が動かせるようになり、
まるで指をおもちゃのように指しゃぶりを始めます。

 

赤ちゃんの指しゃぶりをする原因はいくつかあります。

眠たいとき

赤ちゃんの指しゃぶりの原因はこの眠たいときがほとんどです

 

赤ちゃんは眠たくても寝方を知らないので、すぐに眠ることができません。

よって、指しゃぶりをすることで赤ちゃん自身がリラックスでき、
落ち着いて眠りにつくことができます。

お腹が空いているとき

赤ちゃんが指しゃぶりしている時は、お腹が空いている時のサインという時もあります

 

赤ちゃんの時のご飯と言えば、授乳がほとんどですが、
この授乳の時みたいにお腹が空いてきたら、
自然と指しゃぶりを始めるという赤ちゃんもいます。

 

この他にも不安に感じているときや、
歯の生え初めなど歯がかゆい時に指しゃぶりを始めます。

なかなか知らない?新生児は指しゃぶりをいつから始める?

赤ちゃんの指しゃぶりは、だいたい2~4ヶ月頃から指しゃぶりを始めます

もちろん個人差はあります。

 

早い子ですと、お母さんのお腹の中から指しゃぶりを始めるお子さんもいますが、
ほとんどが2ヶ月頃か始まり、5歳くらいまでに終わるというのが多いと言われています。

 

3歳くらいまでの指しゃぶりであれば、全くもって問題ありません

成長の証と思って優しく見守ってあげてください。

 

指しゃぶりをしている姿を見られるのもこの時だけですし、
指しゃぶりをしている赤ちゃんも可愛らしいですからね。

 

5歳を過ぎても、指しゃぶりの回数が減らないようであれば、
成長に影響を及ぼす恐れがありますので、
徐々にでもいいので、指しゃぶりが減らすようにしていってください。

 

だからといって、
赤ちゃんが泣くような無理矢理やめさせるのだけはやめてあげてください。

新生児は泣き止まない時に指しゃぶりをする?やめさせた方が良いのか?

赤ちゃんが指しゃぶりをしている姿はこの時だけですし、
とても可愛らしい姿ですよね。

 

でも5歳を過ぎてくるといつまで指しゃぶりをしているのかと、
不安になってくるお母さんもいると思います。

 

確かにいつまで続くのだろうか、
大きくなってもやっていたらどうしようかと不安になるかと思いますが、
決して、無理矢理やめさせるのだけはしないようにしてください

 

やめさせる時のポイントは、
怒ったりして赤ちゃんが嫌がってまで、無理矢理やめさせないことです

 

赤ちゃんは指しゃぶりをすることで、心を落ち着かせている部分もあるので、
それを無理矢理やめさせると、
赤ちゃんはなぜお母さんが怒っているかも理解できず、
逆にそれがストレスとなりさらに指しゃぶりが増えてしまう恐れもあります。

 

お子さんが指しゃぶりをしている時は、
両手を使って遊べるような遊びをしたり、お母さんがお子さんの両手を握って遊んであげるなど、
両手を使って遊ぶことで、こんなにも楽しいことがあるのだということを教えてあげるようにしてください。

 

こうすることで、徐々に指しゃぶりが減っていくと思います。

 

それでも指しゃぶり減っていかない時は、爪に塗るマニキュアみたいなものがあります</span。

 

これを塗っておくと、お子さんが指をしゃぶると非常に苦い味がするので、
お子さんも指しゃぶりをしなくなるというアイテムです。

 

実際、我が家でも指しゃぶりが続いていたため、
このマニキュアを塗っておいて、指しゃぶりをしたら、
これでもかというような非常に苦い顔をしたのを覚えています。

 

さすがにこの時はちょっとかわいそうだなと思いましたが、
これを塗ったおかげで徐々にではありますが、
指しゃぶりが減っていったので、効果はあると思います。

 

指しゃぶりに悩んでいるお母さんは、ぜひお試しください。

まとめ

赤ちゃんの指しゃぶりをする時の合図、
やめさせたほうがいいのかについてご紹介しましたが、
いかがだったでしょうか?

 

赤ちゃんが指しゃぶりをしている時は
・眠たい時
・お腹がすいた時
・なんとなく不安に感じでいるとき
・歯がかゆい時

など、いろいろな原因があります。

 

これを無理矢理やめさせては、逆に赤ちゃんのストレスがたまるだけですので、
両手での遊びを覚えさせてあげる、それでもやめないのであればマニキュアを塗るなどして、
徐々に、赤ちゃん自身が指しゃぶりをやめていけるようにしていってください。

タイトルとURLをコピーしました