フライパンを焦げ付かないようにうまく使う方法は!?

料理
スポンサードリンク

フライパンは料理に欠かせない調理道具の一つです。

 

焼くだけでなく、揚げる、煮る、蒸す、茹でる、
などさまざまな料理に使えます。

 

とっても便利で優秀なフライパンですが、
毎日使っていると汚れや焦げ付きが悩むところ…。

 

焦げ付きが何度か重なると、簡単に汚れは落ちませんよね。

どうすれば焦げ付かないようになるのでしょうか。

なにか良い方法がないかな…と悩んでいる方も多いと思います。

 

そんなフライパンを焦げ付かないように、
うまく使う方法をお伝えしていきたいと思います!

フライパンを焦げ付かないようにするにはどうすればいい!?

スポンサードリンク

では、フライパンを焦げ付かないようにするには、
どうすればいいのでしょうか。

 

フライパンが焦げ付いてしまう主な原因は、
次のようなことが考えられます。

●フライパンの温度が低い
●火力が強すぎる
●油が足りない
●洗剤でゴシゴシと洗ってしまう

 

普段何となく使っているフライパンですが、
ちょっとしたことが原因で焦げ付いてしまっていたんですね。

 

フライパンが焦げ付いてしまう原因がわかったところで、
次は焦げ付かないようにするには、
どうしたらよいのか方法をお伝えしていきます。

 

まず定番のフッ素加工しているフライパンについてです。

ほとんどのご家庭で使われているのが、
このフライパンだと思われます。

 

焦げ付かない!と思って、
油を引かずに使用している方もいるのではないでしょうか。

しかしそれはNGです

 

油を引かずに使用していると、
加工したものが剥がれやすくなってきます。

そのため、焦げ付きの原因となってしまうのです。

 

フッ素加工したフライパンでも、
必ず油を引いて使用するように気を付けましょう

 

また、火力の調整を上手くすることで、
焦げ付きを防ぐことができます。

 

火力は強すぎても食材が焦げてしまいますし、
弱すぎてもフライパンが温まってなさすぎて、
焦げ付きの原因になってしまいます。

 

調味料を入れるタイミングも大事です。

フライパンに食材を全て入れてから、
最後に調味料を入れるようしましょう。

 

調味料を最後に入れることによって、
フライパンに直接付きませんので、
焦げ付きを防ぐことができます。

 

フライパンを洗う時も、柔らかいスポンジでこするなど、
傷を付けないようにしてくださいね。

フライパンを焦げないように長持ちさせるための手入れのポイントは?

では、フライパンを焦げないように、
長持ちさせるお手入れ方法についてお伝えしていきますね。

 

フライパンの種類によって、
長持ちさせるお手入れ方法が異なります。

 

鉄製のフライパンは、使用する前に「油ならし」が必要です

フライパンを熱して油を引き、全体に染みわたらせます。

火を止めて油をふき取り、熱を冷まします。

 

油を引くことによって、フライパンの表面に油の幕が張られ、
焦げ付きにくくなるのです。

 

ステンレス製のフライパンも同様、
使用する前に油ならしをしておけば、焦げ付き防止になります

 

注意したいのが、フッ素加工のフライパンです。

フッ素加工のフライパンは油ならしの必要がありません

空焚きすることによって、フッ素加工を剥がしてしまうからです。

 

フッ素加工のフライパンは、案外デリケートなので、
傷を付けないように気を付けてください。

 

傷付けないように洗い、洗い終わったらしっかりと拭いて、
水分を残さないようにすることがポイントです。

 

フライパンを焦げないように長持ちさせるには、
間違ったお手入れをしないことが大事ですね。

フライパンを長持ちさせるコツは洗い方と洗剤のチョイス!?

次は、フライパンを長持ちさせる洗い方について、
詳しくご説明していきますね。

 

メジャーなフッ素加工のフライパンの洗い方です。

 

スポンジに中性洗剤を使って洗うことが重要です

 

タワシやアルカリ性の洗剤、クレンザーを使用してはいけません

フッ素加工された塗装を傷付け、剥がしてしまうからです。

塗装が剥げてしまうと、焦げ付きの原因になります。

 

スポンジと中性洗剤をチョイスすることを、意識しておきましょう。

 

洗い方も気を付けなければなりません。

タワシでゴシゴシと強くこすったり、
表面に傷を付けるような洗い方はNGです

 

洗い方のコツは、大きく全体を洗うのではなく、
洗う面積は小さく、少しずつ洗っていくことです。

 

中華料理などに多く使用される鉄製のフライパンは、
タワシでこすって洗ってOKです。

 

しかし、気を付けたいのが洗剤の使用はNGです。

洗剤を使うと油が剥げてしまい、焦げ付きの原因となります。

 

ステンレス製のフライパンも同様、
洗剤を使わないで洗ってOKです。

 

このようにフライパンの種類によって、
お手入れ方法や洗い方も異なりますので、
気を付けてくださいね。

まとめ

使い終わったフライパンを洗っていると、
焦げ付きが凄く気になります。

 

焦げ付いてしまう前に、
日頃のお手入れがいかに大事かを痛感しました。

 

調理中の火力、油の量、調理の順番、洗う時のスポンジの種類、
中性洗剤を使用することが基本なんですね。

 

フライパンに焦げがついてしまい、落ちないからとついつい、
ゴシゴシ洗ってしまっていたことを後悔しています。

 

フライパンの種類によって、お手入れ方法も異なること、
これもしっかり把握しておきたいものです。

 

しっかりとお手入れの仕方を覚え、料理も美味しく作りたいですね。

タイトルとURLをコピーしました