大掃除のコツ大公開!自分の部屋はこうやって掃除する!

掃除
スポンサードリンク

最近部屋が汚れてきたし、物も増えてきた。

 

よし、この機に一気に大掃除をしてしまおう!!

 

その意気とても大切です。

 

普段なかなかやれない大掃除、
ぜひやる気になったこの機に完璧に終わらせてしまいたいですよね。

 

でも、いざやるにしても、普段大掃除なんてしないから、
どうやって掃除をしていけばいいか分からない。

 

今回はそんな大掃除にまつわるコツを大公開しちゃいます!

 

一緒に大掛かりな大掃除を効率よく終わらせて、
キレイな部屋を誕生させましょう。

 

先にまとめますと、

①スケジュールは3日以内でおさめる
②網戸は基本水洗いでOK
③窓ふきは新聞紙だけで解決

です。

 

では早速見てみましょう!

今更聞けない…そもそも部屋の大掃除はどこから手をつけるべき?

スポンサードリンク

大掃除をするので大切になってくるのが、
掃除を行う順序ですね。

 

どこから掃除をすべきか、結論から申し上げますと、
決まった順番はありません。

 

しかし順番を決めないと効率低下につながるので、
まずは3日以内で大掃除を完了させられるようなスケジュールを組んでみましょう

 

ここでのポイントは、自分がやる気の出る順番にすることです。

 

これは個人差があり、人によって変わってきますね。

 

例えば、簡単に掃除を完了できる箇所から行って、
スタートダッシュを決めてから手ごわいところに取り掛かるも良し。

 

逆に先に手ごわいところをきれいにして、
達成感をしっかり得てから徐々に簡単なところへ。

 

忙しい人は割ける時間に合わせて組み合わせる必要がありますね。

 

スケジュールを決めたら、いよいよ掃除開始です。

 

掃除のポイントは、

上から下へ
(掃除をすると上のホコリが床へ落ちるため)

収納はすべて一度出してから整理
(小出しで整理していくとかける時間が増えるのと、
収納を掃除するのに結局はすべてを出す必要があるから)

です。

 

そしてせっかく掃除をするならなるべく早く終わらせたいですよね。

 

掃除を早く終わらせるコツはとっても単純。

何かというと、

懐かしいものを発見しても見ない
(これが一番の時間の浪費です)

音楽を流しながら掃除
(普段よく聞いている人であれば気分良く進めることが出来ます)

やることをリスト化して、できた順からひとつひとつ消していく
(達成感がより上がります)

です。

 

一つ目が一番わかりやすく、一番実行するのが難しいことだと思います。

 

かく言う筆者も、
大掃除のたびに思い出の品を見つけて数時間はムダにしてますので笑

 

大掃除を効率良く気持ちよく終わらせて、
懐かしいモノは掃除が全部終わってからゆっくり見ると、
より当時の思い出に浸れるかもしれません笑

大掃除のときこそしっかりと!網戸の洗い方永久保存版!

大掃除の大物のひとつといえば網戸ではないでしょうか。

 

普段掃除しない分だけ汚いし、
大きいから自分も汚れる心配があって面倒くさい。

 

ご安心を!

 

今回は網戸を簡単にしっかり綺麗にできる方法をお伝えします。

 

用意するものは4つだけ!
・ブラシ(細毛で大きめのもの)
・スポンジ
・乾いた雑巾
・小さいブラシor綿棒(サッシ用)

 

割ともともと持っている物が多いのではないですか?

そしてさらにこの4つの道具を上から順番に使っていくだけ

 

ブラシでなでるようにこすり、網戸全体のホコリを落とします
このとき、濡らしたり洗剤を使ったりしてはいけません。
この作業で網戸についているホコリや砂などの汚れを下に落とすのですが、
そこに水分を含んでしまうと逆に落ちなくなってしまいます。

 

水で濡らしたスポンジで網戸を拭きます
この時点で大半の汚れは落ちるのですが、
もしまだ残っている場合、中性洗剤を使って拭いてみてください。

 

乾いた雑巾でふき取ります
洗剤を使った場合は、濡らした雑巾で十分にふき取ってから、
最後に乾いた雑巾できれいにしましょう。

 

最後、ブラシや綿棒で下のサッシを磨きます
汚れが落ちにくい場合、網戸同様水を含ませればたいていの汚れは落ちます。

 

こんな感じで、網戸の掃除は完了です。

網戸掃除のために洗剤を買ったり、場所を大きく取って汚してしまう心配も、
この方法であれば大丈夫です!

大掃除の裏ワザ!窓拭きは新聞紙を使うとこんなに綺麗!

さてお次は窓ふき。

 

市販の窓掃除用スプレー買えば一発でしょ。

と、確かにそうなのですが、実は、
窓ふきは新聞紙のみできれいにできちゃうんです

 

やり方はたったの2ステップ。

①水で濡らした丸めた新聞紙で窓を拭く。

②濡らしてないかわいた新聞紙で上から下に水を拭き取る。

以上です。

 

え、これで本当にきれいになるの?
と疑問に思うかもしれませんが、ご安心を。

 

雑巾より細かい新聞紙のセンイが窓の小さな汚れを落としてくれます。

 

そしてこの方法、鏡の掃除にも使えるんです。

筆者は実際に半年ほど掃除してなかった薄汚れた鏡を、
半信半疑新聞紙で拭いてみました。

 

すると、すべての汚れがきれいに落ちたんです。

 

筆者も初めはほんとかよ?と疑っていましたが、
新聞の実力は本物でした。

 

ぜひ試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

大まかなスケジュールや進め方は自分に合ったやり方で、
掃除方法は先代のどなたかが生み出してくださった、
身近な道具で簡単にできるコツを真似して、
自分が気持ちよく過ごせる空間を作りましょう!

 

再度ポイントを整理すると、

①スケジュールは3日以内でおさめる
②網戸は基本水洗いでOK
③窓ふきは新聞紙だけで解決

です。

 

これは筆者の体験談ですが、
完璧に掃除したいと思えば思うほど、
行動するときのこだわりが大きくなって、
結局挫折してしまう、なんてこともあり得ます。

 

だから結果的に一部分だけすごいきれいになるんですね。

 

なので完璧にしたいと思うなら、
最低限完璧にしたい場所を選んで、やる気のあるうちにします。

 

残りは余裕があれば、隅々まで、
やる気がもたなかったら掃除のスケジュールを入れ替えて、
簡単なところや気分が乗りそうな場所を選びます。

 

もし残り掃除場所が少しの場合は最後の力でやりきってしまいます。

 

なかなか普段できない大掃除だと思うので、
やろうと思った機を逃さずにやりましょう!

タイトルとURLをコピーしました