フライパンの最適なサイズの選び方…一人暮らしの場合はどうすれば?

料理
スポンサードリンク

一人暮らしを始めると、必ず準備しておきたいのがフライパンです。

それは、焼き物、炒め物、使い次第で煮物やお湯を沸かすこともできます。

 

では、そのフライパンを購入しようと思った場合、
どんな基準でフライパンを選べばいいのでしょうか?

 

例え一人ぐらしといえど、料理を作り人、全く料理を作らない人、作る頻度、作る量など、
それぞれの環境によって、フライパンを選ぶことが重要です。

 

一人暮らし始めようと思っているあなたへ、
ここからは一人暮らしに最適なフライパン、フライパンの選び方についてご紹介します。

フライパンの選び方…一人暮らし用のサイズはどのくらいがいい?

スポンサードリンク

では、一人暮らし用のフライパンの最適なサイズはどれぐらいがいいのでしょうか?

一番おすすめのサイズは24cmです

 

そもそもフライパンのサイズは、直径14cm〜30cmまでとあります。

これらのフライパンサイズの目安人数をご紹介します。

 

直径14cm〜24cm:1~2人用
直径24cm〜28cm:2~3人用
直径28cm〜30cm:3~4人用

 

24cmというと、ちょっと大きめサイズのように感じますが、
24cmがおすすめの理由をご紹介します。

24cmがおすすめの理由

①目玉焼きなどの焼き物として使うのであれば小さい方が使いやすいですが、
炒め物を使おうと思うと大きい方が炒めやすいです。

 

②フライパンは大き過ぎるとシンクに入らず、洗いづらくなります。

特に一人暮らし用のシンクともなると小さいシンクがほとんどです。

また、収納するにも大きすぎると場所を取ってしまいます。

少しのことですが、毎日のことなどでそれが余計にストレスに感じてしまいます。

 

③フライパンの種類として、深型と浅型の2種類ありますが、深型の方がおすすめです。

それは、深型の方が具材がこぼれにくくなりますし、
揚げ物としても使うことも、カレーなども作ることができます。

フライパンの寿命はどれくらい?使い方によって変わるの?

皆さんフライパンの寿命をご存知ですか?

もちろん使い方にもよりますが、大体2〜3年と言われています

 

一口にフライパンといっても、材質や加工方法などいろいろな種類があります。

 

このフライパンのお手入れ方法で、4〜5年も寿命を延ばすことができるのです。

そのポイントについてご紹介します。

フライパンを長持ちさせるポイント

①強火にし過ぎない

強火で調理をしたり、長時間の空だきなどは控えてください。

強火で使い過ぎるとフライパンの寿命を縮めてしまいますので、
中火で調理し、余熱を短時間ですませるようにしてください。

②金属製の調理器具は使わない

金属製の調理器具を使うとフライパンを気付けてしまいます。

調理の際はシリコン製の柔らかい器具や木べらなどを使うようにしてください。

 

また時間短縮のため、フライパンの上で直接カットしたりする方もいますが、
それもフライパンを傷つける行為になりますので、やめてください。

③使用後はすぐに洗い流す

ご飯が出来上がったあとはどうしてもすぐに食べたくなるかもしれませんが、
調理後のフライパンをそのままの状態で放置することはやめましょう。

 

フライパンには人間の目では見えないような無数の小さな穴があいているため、
調理料や油などがその小さな穴に入り込んでしまい、
フライパンを悪くしてしまいます。

④柔らかいスポンジで洗う

フライパンを洗う際は金属製のたわしでゴシゴシ洗うのではなく、
柔らかいスポンジで優しく洗って下さい。

 

汚れが取れないからといってゴシゴシ洗う人もいますが、
ゴシゴシしないといけないということはフライパンの寿命なのかもしれません。

⑤重ね置きの収納はしない

フライパンを収納しようとした際、
どうしてもかさばってしまうためフライパンを重ねて収納してしまいがちですが、
この行為もフライパンを傷つける行為となります。

 

フライパン専用の収納グッズを活用するか、
どうしても収納場所が狭く重ね置きしたい場合は、
フライパンの間に柔らかい布などをはさんでください。

フライパンの寿命はテフロン加工の有無で変わる?テフロン加工って?

今ではどのフライパンでも、この加工が施されていると言っても過言ではないテフロン加工ですが、
一体それはどんなフライパンなのでしょうか。

 

テフロンとはフッ素樹脂の一つです

ほとんどのフライパンは金属製でできており、
その金属のフライパンに金属製のフッ素樹脂をコーティングすることで、
表面をツルツルにしてくれます。

 

そのため、食材が焦げにくくなり、少量の油で調理できるなどのメリットがあります。

 

しかし、しょせんはコーティングですので、
使えば使うほどコーティングがはがれていきます

 

フライパンの扱いが悪ければ、いくらテフロン加工は施してあっても、
1年ほどで加工が取れていきます。

 

そのため、先ほどご紹介した使い方を参考にして、
大切に扱えば扱うほどフライパンの寿命を伸ばすことができます。

まとめ

一人暮らしに最適なフライパンについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

 

フライパン選びで大事なことは「大は小を兼ねない」、「深型は浅型を兼ねる」、
「コーティングされているものを選ぶ」ということです。

 

しかし大きいものを選ぶと逆に重たくなり、女性とかでは使いづらいこともありますので、
大きさと重さをよく確かめながら、最適なフライパンを見付けてください。

タイトルとURLをコピーしました