新生児の夜泣きはいつまで続くのか?原因を知って対処もできるように!

子育て
スポンサードリンク

新生児の夜泣きに毎晩悩まされているママさん、少なくないのでは?

 

なんとか泣き止ませたいけどなにをやっても効果がない…。
毎晩夜泣きの対応で寝不足でどうにかなりそう…。

 

一体夜泣きっていつになったらおさまるの?

 

実は…
これは個人差によります

 

夜泣きのピークは生後3か月ごろといわれていますが、
1年、さらには2年経ってもおさまらない場合もあります

 

えっ、長くてあと2年もこの生活が続くの?

 

結論から申し上げますとその可能性が無きにしもあらず。

 

でも、ご安心ください。

 

ほぼ全てといっていいほど、
ほとんどのママさんはこの赤ちゃんの夜泣きと闘って乗り越えています。

 

きっとなにか方法はあるはず。

一緒に原因と対処法を探ってみましょう。

意外かも?新生児の夜泣きの原因は何?主な原因はこれだった!

スポンサードリンク

まずはなんで夜泣きをするのか、原因を見てみましょう。

 

新生児の夜泣きの原因を一言で表しますと、
脳の発達過程で起こるもの
なんです。

 

もう少し細かく見てみると、生後何か月かによってその違いも少しあります。

 

生後1か月~4か月の場合

体内時計が未発達で睡眠の周期が整っていないため、夜泣きをしやすい

外の世界に出てくる前は昼も夜も関係なく過ごしていた赤ちゃんにとって、
突然明るくなったり暗くなったりする外の世界はまだ慣れないものです。

そのため、短い時間で起きたり眠ったりしてしまうんですね。

生後5か月~半年の場合

脳が急発達する期間。

そのために、赤ちゃんが自分で起きているときの刺激を自分で処理しきれない、
という事態が起こります

なので混乱して泣いてしまうんですね。

生後半年~1歳前後の場合

そろそろミルクを卒業して離乳食に入ろうとする時期。

食事の変化で慣れないストレスがあるかも

そのストレスから泣いてしまうことが多いです。

 

このように大きく見てみると、発達過程によって起こる夜泣きですので、
赤ちゃんが成長するために必要なことなんだな、と納得できると思います。

 

でも、実際はもっと直接的な理由があるんじゃないの?

 

そうなんです。

 

まだ言葉を発せない赤ちゃんにとって、
泣くことが自分の意思を伝える唯一の手段になります。

 

一般的に挙げられる夜泣きの原因は以下の通り。

・かゆみ、痛み、熱さ、寒さ等の不快感がある。
・ゲップが出なくてお腹が張る。
・おむつが濡れて気持ち悪い。
・寝る環境が合わない。
・お腹が空いている。
・体調が悪い。
・寂しい。
・眠い。

など

 

いやけっこう多いじゃないですか。

 

そうなんです。
だって泣くことしか伝える手段がないのですから。

 

ですので、なんで泣いているのかなって
常にさまざまな原因を予測することが大切になってきます。

 

そうしたらそれに対する行動もすぐに行うことができます。

新生児が夜泣きをしないようにするにはどうしたらいいの?

夜泣きの原因は脳の発達過程で起こるもの。

ということはわかりました。

 

じゃあどうすればいいのか。

 

大切なのは、発達に合わせた習慣づくりをすること

 

まだ体の仕組みが整っていない成長過程の赤ちゃんの体に、
少しずつ私たちの習慣を覚えていってもらうのです。

 

ポイントは3つあります。

①朝、日が昇る時間に合わせて起こす。

太陽の光を浴びること。

体内時計のリズムを合わせるために、
よく言われてきたことだと思います。

赤ちゃんにとっても大切なことで、
これによって体内時計をより私たちに近づけることができます。

起こす時間帯としてはだいたい朝7時くらいまでが目安になります。

②日中は活動的に。

太陽が出ている時間に外に出てみたり、遊んだりして、
活動的に過ごしてみてください。

そうすることで適度な疲労からより良い睡眠ができます。

注意することは昼間に寝る時間。

夕方の時間帯であまり寝すぎると夜寝付けなくなってしまうこともあります。

昼寝時間の調整もポイントです。

③睡眠までに行うことを決める。

夜寝る前にすること、寝かしつける方法を決めて、ルーティン化します。

たとえば、沐浴をする。子守歌を歌う。など。

そうすることで赤ちゃんの中で、
「これをすればおやすみの時間」という習慣ができます。

体に覚えさせることでより寝付きがよくなり、
夜泣きの軽減につながります。

 

全体として言えるのは、

明るさと暗さのメリハリをつけること。

 

これを意識することで、
昼間と夜の切り替えを、発達に合わせて少しずつ行うことができます。

新生児が夜泣きをやめない!そんなときのおすすめの対処法は?

さて、夜泣きを軽減するコツはわかったけど、
いざ夜泣きをしたときはどうしたら?

 

実際、夜泣きの対策と一言で言っても、
これをすれば絶対に泣き止む!

という必殺技はありません

 

なぜなら赤ちゃん一人一人に個性があって、
それぞれに合う方法があるので。

 

今まで他のママさんたちがやってみて効果のあった方法を挙げてみます。

ぜひご自身の赤ちゃんに合った方法を模索してみてください。

・おしゃぶりを使う
・おくるみを使って寝かしつける
・思い切り遊ばせてからまた寝かせる
・外に出てお散歩してみる
・空気の入れ替えをしてみる
・夜泣き対策のアプリを使ってみる

 

なんと夜泣き対策のアプリまでこのご時世あるんですね。

 

赤ちゃんにとって心地よいサウンドを流して、
睡眠を促してくれるそうです。

 

その他にも、赤ちゃんが胎内で聞いていた音に近い音を聞かせることが効果的な場合もあります

妊娠中に歌っていた歌とか、
レジ袋をくしゃくしゃする音も。(胎内の音と似ているようです)

 

最後、思いつく限りのことをしてみて、
どうやっても泣き止まない!!

そんなときは、思い切って一回赤ちゃんから離れてみるのも手。

 

泣き疲れて寝てしまうのを待ちます。

 

少し時間をおいて様子を見てみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

 

夜泣きは赤ちゃんの仕事なので、
夜泣きをすることはちゃんと育ってくれているという証拠でもあります。

 

脳の発達過程で夜泣きが起こるのであれば、
仕方のないことですし、経験者もたくさんいらっしゃるので、
方法はいくらでも探すことができます。

 

夜泣きをしてしまったときに寝かしつけるポイントとしては、
・寝る環境を整えること
・体が覚えている習慣や性質を利用すること
です

 

夜泣き卒業までの時間は個人差があるので、
きちんと自分の赤ちゃんと向き合うことが最も大切です。

 

でも、私がちゃんとしなきゃと思って、
ママさん一人で抱え込まないでくださいね。

 

夫や親、そして友人など、周りの人に頼ることも必要です。

 

大変なときに協力してこその家族や友情です。

 

赤ちゃんが立派に育ってくれることを願って、
共に向き合っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました